【東京・池袋】 債務整理・借金返済の無料相談は、アクア司法書士事務所へ。即日対応可能です。(要予約)お気軽にご相談ください。
 あなたのほんの少しの勇気が問題解決への第一歩です。

東京・池袋

安心の安い費用設定

初期費用0円・分割後払い

債務整理の費用 -安心の安い費用設定-

アクア司法書士事務所では、安心してご相談いただけるように債務整理・過払い請求の相談無料です。

また、依頼時にご負担とならないよう着手金なし、初期費用0円で手続きをスタートできます。

債権者からの請求依頼者の返済をまずはストップし、費用は分割後払いとしています。

任意整理(返済中)の費用

任意整理は、業界でも最安水準の費用設定ですの安心してご相談ください。

任意整理(返済中の場合)の費用
相談料0円 
着手金0円
初期費用0円
減額報酬0円
基本報酬 1社につき 19,800円
過払い報酬(過払い金が発生する場合) 1社につき 取り戻した過払い金の15%

※債権者が1社のみの場合の基本報酬は35,000円です。
※訴訟による場合の過払い報酬は、取り戻した過払い金の23%となります。 
※報酬額には別途、消費税がかかります。
同じ債権者でも別契約の場合は、1契約ごとに1社とします。
※訴訟や支払督促に対応をする場合は報酬が追加になります。

※費用は委任契約時の委任契約書に定めるとおりです。予告なく変更する場合があります。
※通信費、印紙代等の実費については別途ご負担いただきます。


司法書士にご依頼いただいた後は、債権者への返済はしばらくの期間(2~4か月程度)ストップします。この期間に本来は債権者へ返済するはずの分を利用して費用を月々積み立てていただきます。

アクア司法書士事務所への費用のお支払いは、分割で後払いが可能です。
任意整理の面談でご来所いただくときに、費用を現金でお持ちいただく必要はありません。

任意整理の費用を一般的な事務所と比較すると

任意整理の費用は事務所によって違いがあります

当事務所では、任意整理は安心安い費用設定になっています。

任意整理の一般的な費用相場は、消費税別で1社につき3~5万円程度だと思われます。

基本報酬(着手金と報酬金の場合はその合計)が3万円や5万円の事務所と費用を比較すると、
3社の任意整理の場合、消費税別で30,600~90,600円の違いがあります。
5社の場合は、消費税別で51,000~151,000円の差になります。

一般的な事務所との基本報酬費用の比較表
 当事務所一般的なA事務所
(1社3万円)
一般的なB事務所
(1社5万円)
3社合計59,400円90,000円 150,000円
5社合計99,000円150,000円250,000円

※比較表の金額は消費税別です。

アクア司法書士事務所では減額報酬がかかりません

減額報酬とは、報酬金(成功報酬)の一種です。
任意整理を依頼する前よりも借金が減った(減額)場合に、減った金額に応じてかかる報酬のことです。
任意整理をすると、貸金業者との取引は法定金利(約18%)で計算し直すことができます。貸金業者に法定金利を超える金利で返済していた場合には、法定金利を超えて払い過ぎとなっていた利息分だけ借金を減らすことができます。
現在は、貸金業者との取引を法定金利で計算し直すことや法定金利を超えて払い過ぎになっていた利息分を減額することについては争いがありません。
つまり、払い過ぎがある取引の場合には、計算をすれば減額は当然に認められます。
そのため、当事務所では、計算をすれば認められる減額という効果に関して発生する報酬である「減額報酬」はいただいておりません

減額報酬がかかる場合の一般的な相場は、消費税別で1社につき5~10%程度だと思われます。

減額報酬が5%や10%かかる事務所と費用を比較すると、
例えば、債権者2社の任意整理で借金が100万円から50万円に減額できた場合、
消費税別で45,400~110,400円の差がでるケースもあります。

減額報酬がある事務所との費用の比較表
債権者2社の任意整理で債務が100万円から50万円に減額できた場合
 当事務所良心的なA事務所
 
一般的なB事務所
 
減額報酬        0円25,000円 
(
減額報酬5%)
50,000円
(減額報酬10%)
基本報酬39,600円
(1社19,800円)
60,000円
(1社30,000円)
100,000円
(1社50,000円)
合計39,600円85,000円150,000円

※比較表の金額は消費税別です。

任意整理の費用は合計でいくらになるのかを確認しましょう

任意整理の費用や、任意整理の費用の名目の定め方は事務所によってさまざまです。

当事務所と同じく基本報酬1社いくらという事務所もありますし、1社あたりの費用が着手金と報酬金(成功報酬)に分かれている事務所も多いです。

一般的に、報酬金は手続きが成功した場合に結果に応じて必要となる費用で、着手金は成功するかどうかにかかわらず原則として最初に必要となる費用です。
任意整理の費用で着手金と報酬金が定めてあればその合計が必要になるのが通常ですので、着手金報酬金合計金額がいくらなのかを確認しましょう。

そのほか、オプション料金として、事務手数料、管理手数料、訴訟手数料などいろいろな名目で費用が加算される事務所もあるようですので、依頼をする前に、任意整理の費用は合計でいくらになるのかを確認することが大切です。

過払い請求(完済)の費用

安い費用設定ですので安心してご相談ください。
過払い請求の費用も事務所によって違いがあります。依頼をする前に確認しましょう。

過払い請求(完済している場合)の費用
相談料0円
着手金0円
初期費用0円

基本報酬

1社につき 10,000円
過払い報酬1社につき 取り戻した過払い金の15%

※訴訟による場合の過払い報酬は、取り戻した過払い金の23%となります。 
※報酬額には別途、消費税がかかります。
同じ債権者でも別契約の場合は、1契約ごとに1社とします。
※費用は委任契約時の委任契約書に定めるとおりです。予告なく変更する場合があります。
※通信費、印紙代等の実費については別途ご負担いただきます。

完済後の過払い請求の場合は、相手業者から取り戻した過払い金の中から費用を差し引いて精算しますので、実際には費用をご用意いただくこともありません。

司法書士にご依頼いただくと、

1. 債権者からの直接の取立て連絡禁止され、しばらくは返済停止することができますので、この間に生活の立て直しが図れます。

2. 利息制限法による再計算により、払いすぎた借金減らすことができます。

3. 過払い金を取り戻すことができる場合があります。

4.安い費用設定の事務所に依頼すると安心です。

5. 今後の返済については、利息0%にするよう交渉します。

1.2.3.4.5.により、返済計画を見直し、現在より返済しやすく(返済総額も少なく)することが可能です。

  依頼者にとって司法書士に支払う費用以上の経済的なメリットがあるといえます。
 安い費用でさらに安心です。

  特に、金利が高い20%超時期に返済していた場合は、手続きをして借金減額過払い金の発生が見込めるため、司法書士に依頼するメリットは大きいと言えます。

  完済後の過払い請求のご依頼の場合は、相手業者から取り戻した過払い金の中から費用を差し引いて清算しますので、実際には費用をご用意いただくこともありません。 

任意整理・過払い請求は家族や勤務先に内緒で手続きすることが可能です。

借金の消滅時効援用の費用

借金の消滅時効援用の費用

基本報酬

1社につき38,000円

※訴訟や支払督促に対応をする場合は報酬が追加になります。
※報酬額には別途、消費税がかかります。
※通信費、印紙代等の実費については別途ご負担いただきます。

個人再生の費用

個人再生の費用

個人民事再生

25万円

(住宅資金特別条項利用の場合 35万円)

債権者数により加算あり 

※交通費・通信費・印紙代・予納金等の実費は別途ご負担いただきます。
※報酬額は委任契約時の委任契約書に定めるとおりです。予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。報酬額には別途、消費税がかかります。
※個人民事再生は書類作成によるサポートとなります。

自己破産の費用

自己破産の費用

自己破産

25万円

債権者数により加算あり

※交通費・通信費・印紙代・予納金等の実費は別途ご負担いただきます。
※報酬額は委任契約時の委任契約書に定めるとおりです。予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。報酬額には別途、消費税がかかります。
※自己破産は書類作成によるサポートとなります。

債務整理・借金返済の相談は無料です。 東京 池袋

 お気軽にご相談ください

債務整理/任意整理は
減額報酬なし
安心安い費用設定です。
ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

債務整理/任意整理・借金返済相談無料です。
東京・池袋のアクア司法書士事務所まで 

メール無料相談は24時間365日受付