【東京・池袋】 債務整理・過払い請求・借金問題の無料相談は、アクア司法書士事務所へ。即日対応可能です。(要予約)お気軽にご相談ください。
 あなたのほんの少しの勇気が問題解決への第一歩です。

東京・池袋

安心の安い費用設定

初期費用0円・分割後払い

平日 9時~20時 / 土曜 10時~17時

03-5944-9952

任意整理 

借金の返済が大変になっていませんか?

返済しやすくなるよう交渉します。

任意整理とは?

任意整理とは、借金の返済大変になっている場合に、司法書士があなたに代わって債権者と返済の話し合いをする手続きです。
任意整理
返済をしやすくして借金を解決します。
また、「
長い間返済を続けているのになかなか借金が減らず返済が終わらない」という方も、任意整理によって返済のゴール完済)がみえるようにすることができます。
任意整理は家族や勤務先に
内緒手続きすることが可能です。

3~5年で借金を完済できるように司法書士が債権者と交渉します。
任意整理により面倒な手続きは司法書士にお任せできます。

借金の返済大変になっている場合には、司法書士に依頼すれば、任意整理の手続きで毎月の返済金額を少なくしたりすることにより、借金問題解決することができます。

 ・請求・督促をストップ。返済もいったんストップ

 ・払い過ぎた利息(約18%超)は借金から減額

 ・将来の利息のカット

 ・返済金額見直し。(毎月の返済金額を少なく。)

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリット
  1. 債権者の請求取立て止まり返済停止するので、生活の立て直しができます。
  2. 利息制限法による再計算をすると、借金総額減る場合があります
  3. 将来利息カットが可能です。
  4. 保証人がついている借金や自動車のローンなどは対象からはずすことができます。
  5. 東京池袋の司法書士があなたに代わって債権者と交渉します。
  6. 依頼者が裁判所へ行く必要がありません。
  7. 家族や友人などに知られず秘密にして借金の整理ができる可能性が最も高い方法です。

 

任意整理のデメリット
  1. ブラックリストに載ります。
  2. 交渉によりこちらの希望どおりになるという保証はありません。また、利息カットに応じない、長期分割返済を認めないなどの対応をとる債権者もいます。 

 

任意整理は債務整理の方法の1つ

任意整理は、債務整理の方法の1つです。債務整理の手続きの中で、もっとも多く使われるのが任意整理です。
任意整理では、個人民事再生や自己破産と違って、全ての債権者を対象にする必要はありません。保証人がついている債権者や、自動車のローン、勤務先や共済からの借入などを任意整理の対象から除外することができます。

現在の借金について、東京池袋の司法書士が利息制限法により再計算した残債務額について、将来の利息をカットして、原則として3~5年(36回~60回)程度の分割払いにより返済できる場合に任意整理の手続きを選択します。

※任意整理のご依頼では、必ず、全ての借金について打ち明けていただくことが大切です。

あなたが直接、交渉をしようとしても貸金業者はなかなか任意整理に応じてはくれません。
また、貸金業者は交渉のプロですし、交渉には法律の知識も必要となります。

本人で任意整理の話し合いをしても、貸金業者に丸め込まれて相手に有利な内容で合意させられることにもなりかねません。司法書士(東京池袋)に任意整理をお任せください。

任意整理では、東京池袋の司法書士があなたに代わって債権者と交渉します。債権者とねばり強く交渉して、できる限り有利な条件を引き出します。

任意整理の手続きの流れ

面談・相談 【依頼者・池袋司法書士】

原則、東京・池袋の事務所に来所していただき、債務(借金)の内容を聞き取り任意整理の手続きの説明をします。

[債権者(会社名・債務額・利率・取引開始の時期など)、月々の支払可能額など]

  東京池袋の事務所に来られるときは、必ず事前ご予約ください。

債権者へ受任通知の発送 【池袋司法書士】

任意整理の依頼があったことを債権者に通知し、取引履歴の開示を求めます。

池袋の司法書士からの受任通知により債権者からの取立て請求ストップします。

債権者への返済ストップします。

※原則、即日発送しますのですぐにストップ。

債権者からの取引履歴の開示 ⇒ 利息制限法に基づく再計算(引き直し計算)⇒ 借金(債務)の額が判明 【池袋司法書士】

利息制限法に基づく再計算により、本当に支払うべき借金(債務)が判明します。多くの依頼者は、今までに、消費者金融などに対してグレーゾーンの金利を払っていました。任意整理では今まで払い過ぎていた利息分(グレーゾーン金利分)は、請求されていた借金の額から減らすことができます。(借金に充当することができます。)

払い過ぎた利息分を借金に充当すると、どこかの時点で実は借金がなくなっていて、その後にも支払っていた場合には、借金がなくなった後の支払い分(過払い金)は返還を請求できます。借入と返済の取引を続けている期間が長い(5~7年以上)場合に起こります。

過払い金返還請求

債権者へ弁済案を提示、和解の交渉
【池袋司法書士】

3の再計算によって判明した本当に支払うべき借金(債務)をどう返済するかについて東京池袋の司法書士が債権者に提案します。(返済可能な弁済案を提案します。)

原則として、将来の利息カット0%したうえで、3〜5年(36~60回)の分割返済での和解を目指し、ねばり強く交渉します。

一部の債権者から過払い金を回収できた場合や、親族等からの援助を受けることができるなどまとまった弁済金を用意できるような場合は、一括返済をする代わりに借金を減額するよう交渉します。

和解契約の締結 【池袋司法書士】

債権者との和解が成立したら、東京池袋の司法書士が債権者と和解契約を締結します。

和解に基づく返済 【依頼者】

任意整理の手続きは終了となり、5の和解契約に基づいて、依頼者本人による返済がスタートします。 

債務整理過払い請求の相談は無料です。東京池袋

 お気軽にご相談ください

債務整理/任意整理・過払い請求は減額報酬なしで、
安心の
安い費用設定です。
ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

債務整理・過払い請求の相談無料です。
東京・池袋のアクア司法書士事務所まで 

メール無料相談は24時間365日受付